大学院入学希望の皆さんへ

大学院入試案内

入試日程

修士課程入学試験

平成28年に実施された大学院入試試験の日程は以下の通りです。

日程
科目
配点
備考
1日目
外国語
(TOEFL-ITP)
200点
出願時にTOEFL(iBT, PBT)公式スコアの提出により外国語試験に替えることもできる。その場合はTOEFL ITPを受験できない。
口述試験
50点
卒業論文研究またはそれに相当するものなどに関する試問を行う。
2日目
一般教育科目 化学

基礎物理化学(1問)
物理化学(1問)
基礎無機化学(1問)
無機化学(1問)
基礎有機化学(1問)
有機化学(1問)
分析化学(1問)
120点/1問
左記計7問より5問を選択し回答する。

いずれかの問題の中に高分子化学・生化学に関連した問題が含まれることがある。

一般教育科目化学の過去問のダウンロードは以下のリンクから
平成29年度___平成28年度___平成27年度___
平成26年度___平成25年度___平成24年度
平成23年度___平成22年度

専攻・入試説明会について

【重要】平成29年 専攻説明会・大学院入試説明会を下記日程で開催します。

応用化学専攻大学院入試説明会
日時:平成29年5月13日(土) 13:00〜
    説明会(13:00〜15:00頃終了予定)
    その後、本郷 or 駒場研究室見学ツアー(18:00頃終了予定)

場所:東京大学 工学部5号館 1階 51号講義室(本郷キャンパス)

*変更の可能性もありますので、専攻HPを必ずご確認ください。

講義で使用している教科書について

東京大学工学部応用化学科の講義で使用している教科書は以下のとおりです。

・シュライバーアトキンス「無機化学」(上下) 東京化学同人
・アトキンス「物理化学」(上下) 東京化学同人
・ウォーレン「有機化学」(上下) 東京化学同人
・「分析化学」 丸善

今後は、出版予定の「東京大学工学教程」を教科書として使用予定です。

専攻案内:応用化学専攻とは?

物質を自在にデザインし、新しい機能を

 私たちは、物質をさまざまにデザインすることで、ひとの役に立つ、新しい機能を導き出すことを目指しています。無機、有機、バイオ、従来の分野ではくくりきれない多彩な、そして最先端の研究を、日々推進しています。その中で最も大切にしているのが、独創性です。世界の追随を許さないオリジナリティが、私たちの誇りです。

故きを温ねて新しきを知る…
応用化学の「根」

 最先端の研究を行うにはまず、先人が蓄積してきた知識を吸収する必要があります。学生の皆さんは、化学の各分野はもちろん、物理や数学、生物なども学んでいます。歴史の中で醸成されてきた自然科学やテクノロジーの大地に、まずしっかりとした「根」をはることが大切です。

基礎なくして応用なし…
応用化学の「枝」

 ひとの役に立つ技術・材料・デバイスを開発するためには、基礎的な研究も欠かせません。「根」によって吸収した知識に基づき、それを発展させ、ときには修正しながら、新しい化学の基礎を創りあげていくのです。物理化学、無機化学、有機化学、生物化学・・・そうした過去の分野にとらわれず、自由な発想で、未知の世界へと、多様な「枝」を広げてゆきます。物質の性質、成り立ち、相互作用。そこには多くの、人類が知らなかった何かが隠されているのです。

研究を社会・生活に還元…応用化学の「実」

 基礎研究によって人類の知識を豊かにすることは、私たちの重要な使命のひとつです。しかし、それを生活に役立てることができれば、その知識はより意義深いものとなります。エネルギー変換や貯蔵、環境浄化、医療、情報処理など、応用化学を通して、社会や生活のさまざまな場面で貢献することができます。多岐に広がった知識の「枝」の先に、豊かな「実」を結ぶことこそ、私たちの最終的な目標なのです。


研究室

  • 本郷キャンパス
    北森研究室 _ _
    分子スケールの化学実験室を建設、単一分子を手玉に取る


    水野・山口研究室 _ _
    触媒のマジックを用いて地球環境を護る


    藤田研究室 _ _
    ひとりでに組み上がる分子を求めて:生命体への挑戦


    野地研究室 _ _
    分子を見て・さわって分子機械の化学・力学変換メカニズムを解明する


    宮山研究室 _ _
    物質の機能を融合し、エネルギー・情報材料の革命を図る


    尾張研究室 _ _
    地球環境保護を実行する計測手段の開発


  • 柏キャンパス
    伊藤研究室 _ _
    ソフトマテリアルを使ってナノマシンをつくる


    竹谷研究室 _ _
    有機分子が創る柔らかいエレクトロニクス


  • 駒場キャンパス
    藤岡研究室 _ _
    光と電子を自在に操りユビキタス情報革命を実現する


    立間研究室 _ _
    情報やエネルギーを変換する材料・デバイスを創成


    石井研究室 _ _
    光とスピンをキーワードに、有機・無機複合体の機能創出


    砂田研究室 _ _
    遷移金属が精微に集積されたクラスターの合成と機能開拓


    石北研究室 _ _
    分子構造が内包する「構造と機能」のメッセージを理論で解き放つ


    瀬川研究室 _ _
    ナノ構造分子システムで実現する高性能有機系太陽電池


大学院カリキュラム

学部教育で学んだ基礎学問のさらに高度な学術を身につけ、最先端の研究に展開できるように、スクーリングを重視しています。以下が大学院の授業科目になります。

  • 量子化学特論
    Advanced Lectures on Quantum Chemistry
  • 半導体表面化学
    Semiconductor Surface Chemistry
  • 光機能材料学特論
    Photo-Functionalized Materials
  • 環境計測化学特論
    Advanced Lectures on Environmental
    Chemical Analysis
  • 無機工業化学特論
    Advanced Lectures on Inorganic Materials Chemistry
  • 高温超伝導材料学特論
    High Temperature Superconducting Materials
  • 応用分光学特論
    Advanced Lectures on Applied Spectroscopy
  • 触媒基礎工学特論
    Advanced Lectures on Fundamental Engineering of Catalysis
  • 光電子機能薄膜特論
    Fundamentals of Optelectronic Functional Thin Films
  • 無機機能材料特論
    Advanced Lectures on Functional Inorganic Materials
  • 応用化学特論
    Advanced Lectures on Applied Chemistry
  • 放射線化学計測特論
    Radioanalytical Spectroscopy in Material Science
  • 電気化学分析法特論
    Advanced Analytical Electrochemistry
  • 電気化学デバイス特論
    Advanced Lectures on Electrochemical Devices
  • 有機機能化学特論
    Advanced Topics in Organic Functional Chemistry
  • 安全・環境化学
    Safety and Environmental Chemistry
  • 応用化学特別実験
    Advanced Laboratory Work on Applied Chemistry
  • 応用化学特別演習
    Advanced Exercises on Applied Chemistry

[ 学部のカリキュラムはこちら ]

進路

応用化学科卒業生の96%が修士課程に進学します。修士課程修了生の25%が博士課程に進学します。


出身大学(修士課程)

東京大学工学系研究科応用化学専攻の修士課程・博士課程には本学以外に多数の大学から進学してきています。 以下に応用化学専攻の修士課程進学者の出身大学を示します。


海外からの留学生・研究者

応用化学専攻はここに示すとおり、アジア地域をはじめ、様々な国から学生・研究員を受け入れています。

 

大型研究プロジェクト

研究活動のアクティビティーの高さを示す例として、応用化学専攻の教員が指揮先導している最先端の大型研究プロジェクトの例を紹介します。ここにあげた例以外にも多数の研究プロジェクトが推進されています。

  • 科学研究費補助金 基盤研究(S)
    「振動分子を利用した物質透過膜システムの創成」
    (代表者:伊藤耕三 平成25年度〜29年度)
  • 内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)
    「超薄膜化・強靭化しなやかなタフポリマーの実現」
    (代表者:伊藤耕三 平成26年度〜30年度)
  • 科学研究費補助金 特別推進研究
    「自己組織化による単結晶性空間の構築と擬溶液反応」
    (代表者:藤田誠 平成24年度〜28年度)
  • 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進機構 ACCEL
    「自己組織化技術に立脚した革新的分子構造解析」
    (代表者:藤田誠 平成26年度〜30年度)
  • 科学研究費補助金 「新学術領域研究」分子アーキテクトニクス 計画研究
    「分子アーキテクトニクスの土台となるヘテロシステムの構築と量子物性の探索」
    (代表者:高木紀明 平成25年度〜29年度)
  • 科学研究費補助金 若手研究(A)
    「Photosystem IIプロトン移動経路の全容解明」
    (代表者:石北央 平成26年度〜28年度)
  • 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進機構 CREST
    「拡張ナノ流体デバイス工学によるピコ・フェムトリットル蛋白分子プロセシング」
    (代表者:北森武彦 平成26年度〜30年度)
  • 経済産業省補助事業 自動車用内燃機関技術研究組合
    「革新的NOx低減触媒基礎研究」
    (代表者:小倉賢 平成26年度〜28年度)
  • 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進機構 ACCEL
    「PSD法によるフレキシブル窒化物半導体デバイスの開発」
    (代表者:藤岡洋 平成26年度〜31年度)
  • 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進機構 さきがけ
    「革新的有機半導体分子システムの創出」
    (代表者:岡本敏宏 平成25年度〜28年度)
  • 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進機構 さきがけ
    「自己集合が導き出す新規多面体群:物質合成と数学的考察」
    (代表者:藤田大士 平成27年度〜29年度)
  • 新エネルギー産業技術総合開発機構
    「ペロブスカイト系革新的低製造コスト太陽電池の研究開発」
    (代表者:瀬川浩司 平成27年度〜31年度)
  • 内閣府 革新的研究開発推進プログラム ImPACT
    「豊かで安全な社会と新しいバイオものづくりを実現する人工細胞リアクタ」
    (代表者:野地博行 平成27年度〜30年度)
  • 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進機構 さきがけ
    「膜タンパク質の構造変化と物質輸送の1分子同時計測技術の開発」
    (代表者:渡邉力也 平成26年度〜28年度)
  • 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進機構 さきがけ
    「バクテリア再構成法の開発」
    (代表者:田端和仁 平成24年度〜28年度)