教養学部の皆さんへ

応用化学科とは?

物質を自在にデザインし、新しい機能を

 私たちは、物質をさまざまにデザインすることで、ひとの役に立つ、新しい機能を導き出すことを目指しています。無機、有機、バイオ、従来の分野ではくくりきれない多彩な、そして最先端の研究を、日々推進しています。その中で最も大切にしているのが、独創性です。世界の追随を許さないオリジナリティが、私たちの誇りです。

故きを温ねて新しきを知る…
応用化学の「根」

 最先端の研究を行うにはまず、先人が蓄積してきた知識を吸収する必要があります。学生の皆さんは、化学の各分野はもちろん、物理や数学、生物なども学んでいます。歴史の中で醸成されてきた自然科学やテクノロジーの大地に、まずしっかりとした「根」をはることが大切です。

基礎なくして応用なし…
応用化学の「枝」

 ひとの役に立つ技術・材料・デバイスを開発するためには、基礎的な研究も欠かせません。「根」によって吸収した知識に基づき、それを発展させ、ときには修正しながら、新しい化学の基礎を創りあげていくのです。物理化学、無機化学、有機化学、生物化学・・・そうした過去の分野にとらわれず、自由な発想で、未知の世界へと、多様な「枝」を広げてゆきます。物質の性質、成り立ち、相互作用。そこには多くの、人類が知らなかった何かが隠されているのです。

研究を社会・生活に還元…応用化学の「実」

 基礎研究によって人類の知識を豊かにすることは、私たちの重要な使命のひとつです。しかし、それを生活に役立てることができれば、その知識はより意義深いものとなります。エネルギー変換や貯蔵、環境浄化、医療、情報処理など、応用化学を通して、社会や生活のさまざまな場面で貢献することができます。多岐に広がった知識の「枝」の先に、豊かな「実」を結ぶことこそ、私たちの最終的な目標なのです。

学生からのメッセージ

元木 貴則 (応用化学科4年:2011年度)

 応用化学科では、3年次の終わりに研究室を決め、4年次から配属になります。2,3年次に学んだ授業や実験を活かしながら、一人一人魅力的なテーマについて自らの手で最先端の研究を行います。優秀なスタッフ・先輩方のご指導のもと、恵まれた環境の中で研究ができ、私は化学組成や微細組織の制御による高機能高温超伝導薄膜材料の開発に取り組んでいます。研究室での生活、研究を通じて、化学の専門知識・技術のほか、論理的思考や、プレゼンテーション能力、英語でのコミュニケーションなど、私たちが社会に出てから必要とされる様々なスキルを身につけることができます。また、1年間を通してスポーツ大会や研究室旅行などの楽しい行事があり、多くの人と親交を深めることができるでしょう。ぜひ皆さんも応用化学科で共に充実した学生生活を送りましょう。