教養学部の皆さんへ

応用化学科とは?

物質を自在にデザインし、新しい機能を

 私たちは、物質をさまざまにデザインすることで、ひとの役に立つ、新しい機能を導き出すことを目指しています。無機、有機、バイオ、従来の分野ではくくりきれない多彩な、そして最先端の研究を、日々推進しています。その中で最も大切にしているのが、独創性です。世界の追随を許さないオリジナリティが、私たちの誇りです。

故きを温ねて新しきを知る…
応用化学の「根」

 最先端の研究を行うにはまず、先人が蓄積してきた知識を吸収する必要があります。学生の皆さんは、化学の各分野はもちろん、物理や数学、生物なども学んでいます。歴史の中で醸成されてきた自然科学やテクノロジーの大地に、まずしっかりとした「根」をはることが大切です。

基礎なくして応用なし…
応用化学の「枝」

 ひとの役に立つ技術・材料・デバイスを開発するためには、基礎的な研究も欠かせません。「根」によって吸収した知識に基づき、それを発展させ、ときには修正しながら、新しい化学の基礎を創りあげていくのです。物理化学、無機化学、有機化学、生物化学・・・そうした過去の分野にとらわれず、自由な発想で、未知の世界へと、多様な「枝」を広げてゆきます。物質の性質、成り立ち、相互作用。そこには多くの、人類が知らなかった何かが隠されているのです。

研究を社会・生活に還元…応用化学の「実」

 基礎研究によって人類の知識を豊かにすることは、私たちの重要な使命のひとつです。しかし、それを生活に役立てることができれば、その知識はより意義深いものとなります。エネルギー変換や貯蔵、環境浄化、医療、情報処理など、応用化学を通して、社会や生活のさまざまな場面で貢献することができます。多岐に広がった知識の「枝」の先に、豊かな「実」を結ぶことこそ、私たちの最終的な目標なのです。

学生インタビュー (2018年度)

谷田部 孝文(博士2年)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


塩野 翼(修士1年)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


学生からのメッセージ (2018年度)

小林 稜平 (博士1年)「興味の対象を見つけ、自らの意思で動く研究生活を」



私が応用化学科・専攻を選択した理由として「幅の広さ」があります。進振り当時の私は、「化学に対して何となく興味があって研究をしてみたい。でもこれといってやりたいことは見つかっていない。」という感じでした。  応用化学科に進学してからはまず教科書の知識を学んだり、基礎実験を行ったりするだけでなく、各研究室が行っている最先端の研究も学びます。幅広い研究内容を知るうちに、自分の興味がどこにあるのか気づくことが出来ます。私みたいに、自分が何に興味があるのかを探している人にも適した学科ではないでしょうか。

そして私は現在、野地研究室でATP合成酵素の触媒機構の研究を行っています。野地研の専門分野は「生物物理学」です。応用「化学」なのに「生物」と「物理」、なにか不思議な感じがしませんか? でも、研究の現場では複数の分野を組み合わせてものごとを理解しようとすることはよくあることです。実際私たちは、データ解析に必要な統計の知識を学んだり、実験に必要な工学的なデバイスを作製したりもしています。科学の面白さは、自らの興味からうまれてくる科学的な謎について、あらゆる手段を用いながら解決に結びつけていくところにあるのではないかと思います。 研究生活は決して楽しいことだけではありません。ですが応用化学科は、化学に興味を持つみなさんにとって十分な設備、研究内容がそろっていると思います。自らがよく考えて主導的に研究生活を送れれば、研究者としてだけでなく社会人に必要な能力も備わるはずです。せっかく貴重な時間の中で研究に時間を割くわけですから、「何かを学ぼう、身につけよう」という意思をもって一緒に研究しましょう。おもしろそう、やってみたいと思ったことにチャレンジできるのは学生生活だけだと思います。化学っておもしろそうだな、応用化学科に進学してみたいなというみなさんをお待ちしています。

齋藤 杏実 (博士1年)「高確率で温泉を掘り当てる実力を身につける」



皆さん、旅行は好きですか?わたしは、学部時代から国内外の様々な地方に行き、そこにしかない経験をするのが好きで、方々を歩き回っていました。応用化学科の授業は、各方面で活躍する先生が、広い化学の世界への旅を魅力的に案内してくれるかのようです。様々な化学のトピックスは、実際に、これまで学んできた化学の枠組み (有機化学、無機化学、量子化学…) が狭く、限られていたものであったことに気づかされます。特に応用化学科は、分光化学から生物物理学まで幅広い分野の先生がいるため、自分の興味関心が広がり、視野が広がる経験ができると思います。授業を通して、それぞれ興味関心が分かれますが、わたしは、未来のモノづくりを変えるような技術として「自己組織化」の化学に興味を持ちました。

研究室に入ると、まず気付かされることは「化学の知識を得る」ことと「自分の手で化学をやる」ことは全然違うということです。これまでは、旅先で何も考えずに温泉に浸かっていたのが、これからは温泉を自分で掘り当てなさい、と言われたかごとしです。応用化学科では、教授だけではなく年齢的にも近い講師や助教の先生が、親身になって研究のやり方を教えてくれます。私は、自己組織化を使ったペプチドと金属からなる超分子の研究をしており、実験としては有機合成と錯体形成をしています。研究の毎日は、学部時代の自由な生活に比べれば淡々としているかもしれませんが、美しく明白なデータが出る日が突然やってきて、新しい化学を見つけた!と思える日がきます。これは、皆さんにも必ず来ると思います。応用化学科で学ぶことは、化学の実力を身につけられることだと思います。自らの手で新しい温泉を掘り当てる意志と気量が身につけられたとき、次に、多くの人を憩う温泉郷を作るような仕事ができるのだと思っています。自分の手で、自分の夢・目標を実現していける日を信じてわたしも頑張っています。皆さんも応用化学科で一緒に化学の実力をつけませんか。

吉井 大地 (博士1年)「幅広い学びを通して自分の可能性を広げることのできる場所」



化学という学問に漠然と興味を持っていた私は、様々な分野で最先端の研究が行われている応用化学科に惹かれ、進学を決めました。また、応用化学を通して社会や生活への還元を最終目標として謳っている点も、研究と実社会のつながりをイメージしやすく魅力的に感じました。進学後は応用化学科だけでなく化学・生命系三学科の多様な講義や学生実験を通して化学の基礎を習得することができるほか、企業の方のお話を聞く機会や工場見学などもあり、様々な観点から化学に関する幅広い知識を学ぶことができました。4年次からは研究室に配属され、自らの手で研究を進めることになります。講義などを通して触媒化学に興味を持った私は、現在、固体触媒を用いた有機反応の開発をテーマに研究を行っています。触媒化学は有機化学、無機化学、物理化学などを複合した学問であり、学部生のときに学んだ幅広い化学の知識が研究を進めていく上で非常に役立っています。研究は思い通りにはいかないことも多々ありますが、優秀なスタッフや先輩方のアドバイスを受けながら進めていくことが出来ますし、何にせよ上手くいったときの喜びはひとしおです。化学について幅広く学び、それを生かして最先端の研究に取り組むことができる応用化学科には、自分を成長させることができる優れた環境が揃っていると思います。ぜひ皆さんも応用化学科で充実した研究生活を送りましょう。

佐藤 言生 (修士2年)「自分の進む道を幅広く選ぶ 〜応用化学科の魅力〜」



応用化学科の魅力は「幅の広さ」だと私は思います。学科HPのトップには学部4年生や大学院1年生が配属される研究室が載っていますが、これだけ見ても専門分野が多岐にわたることを感じてもらうことができると思います。応用化学科に進学するとまずはこれらの基礎となる様々な科目を学んだり、実験をしたりします。その中で自分が研究したい分野を先ほどの多くの選択肢の中から選び、4年生で研究室に配属されます。私は分析化学に興味を持ち、1,2滴の液体を髪の毛よりも細い空間に閉じ込め、その中でわずか数個の分子を検出するという極限分析を研究している研究室に入りました。私たちの研究室では実験器具がどこにも売っていない世界を舞台に研究をしていて、まずそれらを自分たちで作るところから実験がスタートします。誰も実現できていないことを1から作り上げていく研究は難しくもありますが、全く新しいことが見つかったときのワクワク感は他では味わえないものだと思います。また大学を卒業した後は大学院で博士課程に進学して世界を相手に自分の研究で勝負を挑む人もいれば、修士や学部卒で就職して化学メーカーを中心とする様々な業界で活躍する人もいて、多様な進路が選択できることも応用化学科の魅力だと思います。幅広い選択肢の中から自分のやりたいことが必ず見つかる、そんな応用化学科で皆さんと一緒に学べることを楽しみにしています。

冨士田 崚 (修士2年)「私が応化を選んだ理由」



もともと化学が好きで、将来は日常生活に役立つものを生み出したいと思っていたので、応用化学科のある工学部を選びました。 工学部にはほかにも化学系の学科がありますが、炭素を中心とした有機化学よりも多様な物質を扱う無機化学のほうが面白そうだと感じたし、バッテリーにも興味があったのです。それだけに、応用科学科が自分に合っているかなと思っています。


工学部の化学系の学科では秋から春にかけて研究室対抗のスポーツ大会があり、4年生以上が参加します。僕はこれまでにソフトボールやサッカー、バドミントンなどに参加して、いくつかのトロフィーもいただきました。研究室は普段から先輩や先生に相談しやすい雰囲気です。年3回は合宿があり、そこでは研究以外のことも話します。

八重樫 圭太 (修士1年)「実験室から社会へ展開する応用化学の世界へようこそ」



皆さんこんにちは。応用化学科卒の八重樫です。進学選択前の皆さんにとって、自分が興味を持てる学部・学科を見つけるのは喫緊の課題だと思います。僕もどの専門に進むか迷っていた時期がありましたが、学問と社会生活を繋ぐ領域に興味があった僕にとって、世の中のありとあらゆる技術の基盤にある「化学」を究め、その「応用」までの道のりを体感できる応用化学科の環境は非常に魅力的でした。医療現場での検査技術やクリーンエネルギー技術、最新の電子デバイスの製造技術でさえも、有機・無機の新物質の合成や、人工・天然の様々な物質の物性研究を出発点として今日まで進歩してきました。応用化学科の研究室は、上記のような社会生活を支える新たな技術の開発を目指して、基礎研究から産業応用に至るまで幅広いテーマに取り組んでいます。僕は竹谷研究室に配属され、新たなエレクトロニクス材料の物性研究や製品化を目指したデバイス作製などを行ってきました。もし自分の化学の実力に自信がなくても大丈夫です。応用化学科では基本的な内容からじっくり化学を学べるよう、2,3年生時の講義や実験・演習が充実しています。また、化学生命系3学科合同の工場見学や教授陣による最先端の研究のプレゼンなど、特別なプログラムも用意されていて、楽しい学生生活を送ることができました。皆さんも応用化学科で科学技術の歴史に新たな一歩を刻んでみませんか?

東屋 航紀 (学部4年)「様々な化学に触れられるのが特徴です」



応用化学科では2年、3年に化学の基礎を学び、実験を行います。学科の授業内容は無機、有機をはじめ多岐にわたり、化学分野の基礎知識をまんべんなく学ぶことができます。 また、授業や実験の大部分は化生、化シスと合同で開講されています。そのため生命化学、化学工学などにも触れる機会があり、非常に良い刺激となります。 4年になると研究室に配属され、卒業研究に取りかかります。 応用化学科の研究室は分野が非常に広いのが特徴です。また、分野横断的な研究を行っている研究室が多く、3年間で培った化学の知識を総動員して研究することになります。 私は蛋白質の分子化学・理論化学の研究室に所属しています。計算化学は今まで深く触れてこなかった分野なので、日々新鮮な気持ちで取り組んでいます。

北脇 駿 (学部4年)「応用化学科での学びと生活」



化生系3学科(応化、化生、化シス)では一般的に、2年後期からの1年半で化学の基礎的な授業と実験に取り組み、4年生からそれぞれ研究室に配属されますが、必修の授業はほとんどなく、3学科共通の様々な授業から自分が必要とするものを選んでいくのが基本になります。この3学科の中から更に学科を絞る時は、研究内容の興味で選択することが一つのカギだと思います。応用化学科は有機合成から無機錯体、理論から実験まで様々な分野の研究室がありますが、その中でも物理よりの化学をメインとする研究室が多いです。私自身もポリロタキサンと呼ばれる、分子が物理的に拘束された高分子を研究しており、有機合成にも触れつつ、ポリロタキサンの構造が自発的に形成されていく過程を調べています。これらの研究をしていても授業や実験で学んだ内容が土台となっており、様々なことを学んでおくことに価値があったとよくわかります。 このように軸の通ったカリキュラムの中でも、自由な時間が十分にあり、サークルやバイト、自分のしたい勉強などいろんなことに時間を割けるので、非常に充実した学部生活を送ることができるでしょう。皆さんが応用化学科で楽しく活躍されるのを期待しています。

清水 洋平 (学部4年)「充実した研究生活」



応用化学科とは簡単に説明すると化学と物理が融合された学問です。教養学部の授業でいえば量子化学、有機化学、熱力学をさらに発展させたものです。 学部3年生の頃はそういう授業にさらに物理化学や無機化学、物性論、高分子化学など専門的な授業を勉強して学問の基礎を固めます。 難しい学問ですが、化学的現象は数値化できたり、熱力学的な観点で捉えることができたりと非常に興味深いです。化学好きには、全授業が化学の範囲内のためたまらないかもしれませんね笑。また3年生になると学生実験というものが始まります。 与えられたテーマ、計画に基づいて実験し、結果を踏まえ考察するという一連の流れを学びます。実験結果はあくまで想定される結果との答え合わせみたいな感じです。 学生実験を通して、より専門的な内容の理解、実験とはどういうものかを身に着けることができます。僕は今4年生になり、機能性無機材料系の研究室に入りました。卒論のテーマももらってこれから主体的に実験することになります。学生実験の時と異なり、自分で実験計画を立て、論文を読んで学び、考察し、それを自分の言葉で伝えなければなりません。一見難しいように見えますが、先輩方も同じ道を通ってきたと考えると自分でもできる気がしますし、やりがいがあり充実した毎日を送れていると感じています。

僕の現在の研究テーマは「酸化物系全固体リチウムイオン二次電池」についてです。 リチウムイオン二次電池は携帯のバッテリーに使われたりします。電池の電解質は一般的に液体なのですが、固体にすることで化学的安定性を高めようというものです。問題は固体電解質にすると、電極―電解質間でリチウムイオン電導抵抗が高くなってしまうことですが、電極―電解質間にナノシートを挟むことで改善させようとしています。それが上手くいくかはやってみないと分からないのですが、自分で考え研究していくのは想像していたよりも楽しいものです。 化学は「創造」の学問です。0から1を作り出し、長期的に価値を提供できます。 特に応用化学科は幅広く化学を取り扱い、社会に還元できる形を模索し研究します。興味がある方はぜひ、応用化学科に来てください。