専攻長のメッセージ

応用化学のすすめ

化学は世の中に存在するありとあらゆる物質を対象とするScienceです。物質の原子・分子・電子レベルでの構造の変化の様子を探求(観測)することで、生命を司る現象の理解や新しい反応の開発につながります。また、反応(原子レベルでの結合の組み換え)を巧みに操ることで新しい物質を作り出すことができます。我々は自然環境をエネルギー・資源として利用しながら発展してきましたが、生活が豊かになるにつれ、環境を取り巻く状況の過大な変化が逆に我々の生活を脅かす結果にもなっているのも事実です。しかし、化学の力をもってすれば、我々の生活の質を最大限維持しつつ、かつ環境負荷を最小限にするような解決策が見いだされるはずです。ゆえに化学は、自然科学のCentral Scienceであり、持続・発展可能な社会を実現する上でなくてはならないKey Technologyといえます。

応用化学科・応用化学専攻では、国内外でも有数のトップレベルの教員陣が学生とともに、化学に軸足を置いた最先端の研究を行っています。既存の化学の深化のみならず、積極的に異分野融合を行いこれまでにない「新しいScienceを創生しています。例えば、分子自己集合、分子組織化学、1分子生物物理学、触媒化学、ナノ材料化学、有機金属化学、機能性錯体化学、高分子材料工学、機能性有機デバイス、光電子機能薄膜、ナノフォトニック化学、理論化学等、魅力ある研究が展開されています。詳細については、応用化学科・応用化学専攻のパンフレットならびにホームページをご覧ください。我々の「応用化学」が真に意味するものは単なる既存化学の社会応用ではありません。化学に軸足を置いた「新しいScience」を創生することです。新しいScience創生の結果、新しいTechnologyが生まれ、社会への応用・貢献につながっています。実際、教員の多くが複数の企業と共同研究をしており、社会連携講座(企業との共同研究ラボ)やベンチャーを設立しています。

応用化学科・応用化学専攻の学生は、「新しいScience」が生まれる現場を自らが主役となって実体験することができます。実体験は何事にも代えがたいスキルアップの手段です。また、応用化学科・応用化学専攻では、化学全般に対する基礎ならびに専門性を高めるカリキュラム上の取組のみならず、専門以外の幅広い知識を身に着けるための講義、産業界で役に立つような知識が得られる講義も受講できるような仕組みも作っています。我々は「博士課程進学」を強く推奨します。博士課程学生の金銭的サポートは非常に充実しており(日本学術振興会、化学人材育成プログラム、企業からの奨学金、大学・研究科・専攻・研究室からの支援、RA等)、企業等への就職も優遇されています。博士課程修了者は、上記のような研究・教育や様々な経験(共同研究、海外経験、インターンシップ、後輩指導等)を通して、深い専門性に加え幅広い基礎的な学力を持つ人材、マネジメント能力を持った人材、リーダーシップ・コミュニケーション能力に優れた人材、グローバルな感覚を持った人材となり、産・官・学のあらゆる分野で活躍しています。

化学が好きな人、化学を極めたい人、化学をベースに様々な分野を切り拓いていきたい人、化学で社会貢献をしたい人、ぜひ応用化学科・応用化学専攻にお越しください。応用化学科・応用化学専攻には皆様が求める環境が整っています。ただし、「天は自ら助くるものを助く」です。

2021年4月1日応用化学科長・応用化学専攻長
山口和也