教養学部の皆さんへ

応用化学科 カリキュラム

応用化学科のカリキュラムは基礎学問の修得に一番力を注いでいます。
化学、物理学、数学…。たとえ環境、エネルギー、情報、バイオに進もうとも、研究と開発に最も必要で有用な技術とテクニックは、実は、基礎学問なのです。時代のトピックスは、大学院以降、一人立ちしてから学んでも十分に間に合います。生涯にわたり、めまぐるしく、激しく変化する科学と技術の世界で、研究者・技術者として使命を全うするために、学部教育で身につけた基礎学問は、諸君の貴重でかけがえのない資産になると確信しています。

2年(駒場第四学期) 化学・生命系基礎科目 どの分野にも通用するしっかりした自然科学の基礎を学び、高度な専門教育の準備を整えます。

  • 物理化学
  • 有機化学
  • 計測通論
  • 無機化学
  • 応用科学基礎論
  • 電気工学大要
  • 量子化学
  • 生命化学
  • 数学
  • 分析化学
  • コンピュータ科学
  • 基礎細胞生物学
  • 物性論
  • 化学工学概論
  • 数理手法

3年 化学・生命系専門科目 いよいよ分子や原子、物性の世界を記述する専門科目や実験技術を学びます。

  • 物理化学
  • 量子化学
  • 高分子化学
  • 分析化学
  • 化学反応論
  • 分子集合体化学
  • 無機化学
  • 有機化学
  • コンピュータ化学
  • 物性論
  • エネルギー化学
  • バイオテクノロジー
  • 物理化学実験
  • 分析化学実験
  • 有機化学実験
  • 化学工学実験

4年 応用化学科・専門科目 さらに高度な専門知識を習得し、先端研究や先端技術のトピックスにも触れます。卒業論文研究では各研究室に配属され、実際に研究の進め方を学びます。

  • 応用化学詳論
  • 構造解析法
  • 特許法
  • フロンティア化学
  • 投資工学
  • 社会技術としての化学技術
  • 技術論
  • 卒業論文

応用化学科 時間割

応用化学科では多岐にわたる分野の研究を行っています。2年生(駒場第4学期)ではまずどの分野に進もうとも通用する自然科学の基礎を学び、「根」を築きます。3年生では専門科目や学生実験を通して、専門性の高い知識や基本的な実験スキルなどを身につけ、しっかりした「幹」を築きます。 2,3年生の講義・実験は、化学・生命系3学科の教員が協力して行い、基礎科目から専門性の高い知識を階層的に学び取れるような工夫がなされています。第一線で活躍している人を産・官より講師として招き、企業での研究開発の最前線や科学政策などに関する講義も行っています(「フロンティア化学」など)。また、講義の一環として工場見学も行っています。化学・生命系3学科の共通講義以外にも、他学科・他学部の講義も履修可能です(10単位までは卒業に必要な単位の中に算入できます)。 4年生になると、これまでに築き上げてきた「根」「幹」をベースに応用化学科が誇るスタッフ陣のもとで最先端研究(卒業論文研究)を進めながら、実践的な「実」のある教育が行われます。

[ 大学院のカリキュラムはこちら ]