• 私が応化を選んだ理由

    秋吉 一孝(2018年度 博士3年)博士課程

    ・東大の応化に進学することにした決め手は?
    もともと自分が学部時代に在籍していた東京理科大学の工業化学専攻と比較的近い分野で、また自分の興味のある研究室が多い専攻だったからです。また、外部からの入学者が多い点も決め手となりました。

    >続きを読む

  • 応用化学専攻で私たち学生が実現できること

    中村 享平(2018年度 博士1年)博士課程

    環境問題、エネルギー問題など、現在社会は解決しなければならない未曾有の大きな問題に直面しています。そういった問題を解決するためには、既存の物質にはない特異な機能を有した新物質の開発が必要です。東京大学の工学系研究科応用化学専攻の学生は、こうした様々な社会的なニーズに答えうる新物質の開発、さらにそれら新物質を用いたデバイスの実現を目的として、日々研究活動に取り組んでいます。

    >続きを読む

  • 応化インタビュー D2 赤間さん

    赤間 健司(2018年 博士2年)インタビュー博士課程

    応用化学専攻 博士課程2年(社会人ドクター)の赤間さんへのインタビューです(2018年6月)。

    >続きを読む

  • 応化インタビュー D2 谷田部さん

    谷田部 孝文(2018年 博士2年)博士課程

    応用化学専攻 博士課程2年の谷田部さんへのインタビューです(2018年6月)。

    >続きを読む

  • 高確率で温泉を掘り当てる実力を身につける

    齋藤 杏実 (2018年度 博士1年)博士課程

    皆さん、旅行は好きですか?わたしは、学部時代から国内外の様々な地方に行き、そこにしかない経験をするのが好きで、方々を歩き回っていました。応用化学科の授業は、各方面で活躍する先生が、広い化学の世界への旅を魅力的に案内してくれるかのようです。様々な化学のトピックスは、実際に、これまで学んできた化学の枠組み (有機化学、無機化学、量子化学…) が狭く、限られていたものであったことに気づかされます。特に応用化学科は、分光化学から生物物理学まで幅広い分野の先生がいるため、自分の興味関心が広がり、視野が広がる経験ができると思います。授業を通して、それぞれ興味関心が分かれますが、わたしは、未来のモノづくりを変えるような技術として「自己組織化」の化学に興味を持ちました。

    >続きを読む

  • 幅広い学びを通して自分の可能性を広げることのできる場所

    吉井 大地 (2018年度 博士1年)博士課程

    化学という学問に漠然と興味を持っていた私は、様々な分野で最先端の研究が行われている応用化学科に惹かれ、進学を決めました。また、応用化学を通して社会や生活への還元を最終目標として謳っている点も、研究と実社会のつながりをイメージしやすく魅力的に感じました。進学後は応用化学科だけでなく化学・生命系三学科の多様な講義や学生実験を通して化学の基礎を習得することができるほか、企業の方のお話を聞く機会や工場見学などもあり、様々な観点から化学に関する幅広い知識を学ぶことができました。4年次からは研究室に配属され、自らの手で研究を進めることになります。

    >続きを読む

  • 興味の対象を見つけ、自らの意思で動く研究生活を

    小林 稜平 (2018年度 博士1年)博士課程

    私が応用化学科・専攻を選択した理由として「幅の広さ」があります。進振り当時の私は、「化学に対して何となく興味があって研究をしてみたい。でもこれといってやりたいことは見つかっていない。」という感じでした。  応用化学科に進学してからはまず教科書の知識を学んだり、基礎実験を行ったりするだけでなく、各研究室が行っている最先端の研究も学びます。幅広い研究内容を知るうちに、自分の興味がどこにあるのか気づくことが出来ます。私みたいに、自分が何に興味があるのかを探している人にも適した学科ではないでしょうか。

    >続きを読む